第13回パンパシフィック水泳2018に出場する選手一覧、結果など

パンパシフィック水泳2018年の概要

パンパシフィック水泳、通称パンパックは4年に一度、オリンピックの中間年に開催される国別対抗戦の国際大会

19日から競泳が行われるアジア大会の詳細は以下になります。 アジア大会2018・水泳、決勝の結果|日本代表選手の一覧・みどころや注目など

今年で13回になりますが開催地はスイマーの聖地・東京辰巳国際水泳場。

パンパシ会場となる辰巳国際水泳場の交通アクセス情報などの詳細
辰巳国際水泳場の写真 スイマーの聖地【東京辰巳国際水泳場】に行ってきたので詳細をレビューします。

OWSは千葉県館山市の北条海岸で行われます。

開催地が日本というのは16年ぶりとのこと。前回、日本での開催地は横浜でしたね。

世界の頂点を決する戦いである事はオリンピックや世界水泳と変わりありませんがパンパシ水泳はポイント制の世界戦なのです。

これはどういう事かと言いますと、選手が勝つことでポイントが貯まっていき、一番多いポイントを獲得した国が優勝するというルールになっています。

リレー戦勝負は個人戦勝負の2倍のポイントが付与されるという事からもリレーでの逆転も十分にあり得る見応えのある国際大会なのです。

パンパシフィック水泳2018の日本代表選手一覧や注目選手、リザルト(結果)など

観戦チケットをお求めの方はこちら

2018年パンパシフィック選手権の競技日程

今年は8月9日から14日まで行われますが詳しい日程は以下となります。

※スマホの方は横にスクロールして閲覧下さい。

予選10:00~。B決勝・決勝17:30~。

予選もB決勝・決勝も以下の順番になります。

1日目 2日目 3日目 4日目
8月9日(木) 8月10日(金) 8月11日(土) 8月12日(日)
女子800m自由形 女・男100m自由形 女・男400m自由形 女子1500m自由形
男子1500m自由形 女・男200mバタフライ 女・男100mバタフライ 男子800m自由形
女・男100m平泳ぎ 女・男100m背泳ぎ 女・男200m個人メドレー 女・男200m背泳ぎ
女・男200m自由形 女・男800mフリーリレー 女・男400mフリーリレー 女・男50m自由形
女・男400m個人メドレー 女・男200m平泳ぎ
混合400mメドレーリレー 女・男400mメドレーリレー

最終日の14日はOWS(オープンウォータースイミング)になります。

※日程は変更される可能性あり。

パンパシフィック選手権・2018年のPV

16年前は2002年の横浜大会にて金メダル獲得したレジェンド北島康介とオルカ(鯱)をモチーフにしたチャンピオンジャケットを着用している瀬戸大也選手がカッコいいですね。

出場する日本代表選手一覧

パンパシ水泳2018には誰が出場するのか?

スイマーの名前と出場種目を掲載いたします。

男子

  • 中村克(なかむらかつみ):50m自由形、100m自由形、400mフリーリレー
  • 松元克央(まつもとかつひろ):200m自由形、400mフリーリレー、800mフリーリレー
  • 江原騎士(えはらないと):200m自由形、400m自由形、800mフリーリレー
  • 竹田渉瑚(たけだしょうご):800m自由形、1500自由形
  • 塩浦慎理(しおうらしんり):100m自由形、400mフリーリレー
  • 中尾駿一(なかおしゅんいち):50m自由形
  • 山本耕平(やまもとこうへい):800m自由形
  • 平井彬嗣(ひらいあやつぐ):1500m自由形
  • 溝端樹蘭(みぞはたじゅらん):400mフリーリレー
  • 坂田怜央(さかたれお):800mフリーリレー
  • 小関也朱篤(こせきやすひろ):100m平泳ぎ、200m平泳ぎ
  • 渡辺一平(わたなべいっぺい):100m平泳ぎ、200m平泳ぎ
  • 幌村尚(ほろむらなお):100mバタフライ、200mバタフライ
  • 瀬戸大也(せとだいや):200mバタフライ、200m個人メドレー、400m個人メドレー
  • 小堀勇氣(こぼりゆうき):100mバタフライ、800mフリーリレー
  • 矢島優也(やじまゆうや):200mバタフライ
  • 入江陵介(いりえりょうすけ):100m背泳ぎ、200m背泳ぎ
  • 砂間敬太(すなまけいた):200m背泳ぎ
  • 金子雅紀(かねこまさき)100m背泳ぎ
  • 萩野公介(はぎのこうすけ):400m自由形、200m個人メドレー、400m個人メドレー
  • 藤森太将(ふじもりひろまさ):200m個人メドレー
OWS10km
  • 野中大暉(のなかたいき)
  • 豊田壮(とよだたけし)

女子

  • 池江璃花子(いけえりかこ):50m自由形、100m自由形、50mバタフライ、100mバタフライ、400mフリーリレー
  • 五十嵐千尋(いがらしちひろ):200m自由形、400m自由形、400mフリーリレー、800mフリーリレー
  • 山本茉由佳(やまもとまゆか):50m自由形
  • 青木智美(あおきともみ):100m自由形、800mフリーリレー
  • 山根優衣(やまねゆい):400mフリーリレー
  • 白井璃緒(しらいりお):800mフリーリレー
  • 小堀倭加(こぼりわか):400m自由形、800m自由形、1500m自由形
  • 森山幸美(もりやまゆきみ):800m自由形、1500m自由形、OWS10km
  • 青木玲緒樹(あおきれおな):100m平泳ぎ、200m平泳ぎ
  • 鈴木聡美(すずきさとみ):100m平泳ぎ、200m平泳ぎ
  • 渡部香生子(わたなべかなこ):200m平泳ぎ
  • 相馬あい(そうまあい):100mバタフライ
  • 持田早智(もちださち):200mバタフライ
  • 長谷川涼香(はせがわすずか):200mバタフライ
  • 小西杏奈(こにしあんな):100m背泳ぎ
  • 酒井夏海(さかいなつみ):100m背泳ぎ、200m背泳ぎ
  • 赤瀬紗也香(あかせさやか):200m背泳ぎ
  • 大橋悠依(おおはしゆい):200m自由形、200m個人メドレー、400m個人メドレー、800mフリーリレー
  • 寺村美穂(てらむらみほ):200m個人メドレー
  • 清水咲子(しみずさきこ):400m個人メドレー
OWS10km
  • 貴田裕美(きだゆみ)
  • 森山幸美(もりやまゆきみ)

参加する国名一覧

日本以外の参加国は以下になります。

  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • バハマ
  • ブラジル
  • カナダ
  • 中国
  • クック諸島
  • コロンビア
  • エクアドル
  • グアム
  • 北マリアナ諸島
  • ニュージーランド
  • オマーン
  • パラオ
  • ペルー
  • フィリピン
  • タイ
  • アメリカ

パンパシフィック選手権2018には日本を含め19ヵ国が参加する事になります。

注目選手は誰なのか?

パンパシ水泳を観る際に注目の選手を知っておけば更に楽しく観戦する事ができます。

男女別に注目選手を紹介します。

男子の注目選手

  • 入江陵介→背泳ぎプロフェショナル。練習拠点を米国に移したそうでスプリント力に期待。
  • 江原騎士→172cm60kgと、スイマーとしては小柄な方だが想像もつかない程のパワーで世界の強豪と戦う選手。
  • 小関也朱篤→2018欧州モナコグランプリにて100m平泳ぎ日本新記録(58秒78)を樹立。渡辺と共に期待に拍車がかかる。
  • 瀬戸大也→13、15世界水泳連覇。16リオ五輪銅メダル獲得
  • 竹田渉瑚→今年2度も自己ベストを更新しており好調。波に乗れるかどうか。日本記録の更新にも期待がかかる。
  • 中村克→自由形100m日本人初47秒台突破者
  • 萩野公介→リオオリンピック金メダリスト
  • 幌村尚→男子代表最年少19歳。今年4月日本選手権優勝。
  • 藤森太将→200m個人メドレー。4泳法オールラウンダー中でも最も得意とされる平泳ぎに注目したい。
  • 松元克央→200m自由形。今年4月の日本選手権で1分45秒93を出した。
  • 矢島優也→今季自己ベスト2度も更新。今回のパンパシで3度目の更新を狙う。
  • 渡辺一平→平泳ぎ200m世界記録保持者。小関と共に期待に拍車がかかる。
外国人選手
  • カイル・カルマース:オーストラリア→リオ五輪金メダリスト
  • ケーレブ・ドレッセル:アメリカ→2017年世界水泳初出場も50m自由形金メダル、100mバタフライ決勝、金メダル。男女混合フリーリレー金メダル、と一夜にして3つの金メダルを獲得した。世界記録まで0、04秒に迫る。
  • チェース・カリシュ:アメリカ→2017年世界水泳金メダル2冠

女子の注目選手

  • 青木智美→女子自由形200mを得意としている選手。女子短距離の柱。
  • 青木玲緒樹→女子平泳ぎのエース。推進力を更に増すためにキックの改善を行い、そこに注目したい。
  • 五十嵐千尋→日本選手権、ジャパンオープンの100m200m、400m自由形どれも表彰台へ昇った。スタンドからの声援が大きい。実力は勿論、就職先の大きな声援にも注目。
  • 池江璃花子→19種目日本記録者。今年15回も記録を塗り替える。幼いころから自宅での雲梯(うんてい)にてトレーニング。アームスパンが187cmと長い腕を生かしたストローク。ベンチプレスなどのウェイトトレーニングも取り入れているスピーディーでありながらも力強いパワフルな泳ぎに注目したい。
  • 大橋悠衣→2017年世界水泳で200m個人メドレー日本新記録。大学入学当時はほぼ無名で日本選手権では最下位の40位だったという過去もあったが平井コーチの元、才能が開花。
  • 小西杏奈→159cmと、スイマーとしては若干小柄ながらもウェイトトレーニングで鍛え上げられた筋力から放たれる力強いストロークや独自のスタート手法が見もの。
  • 清水咲子→女子400m個人メドレーの選手。大橋とのダブル表彰台達成なるか?
  • 鈴木聡美→ロンドン五輪三冠。2015年代表落ちするも復帰しリオ五輪出場しかし決勝進出ならず。東京五輪へ向けてV字回復を狙う。まずはパンパシ決勝の舞台へ。
  • 酒井夏海→175cmの長身選手。雲梯、懸垂、ウェイトジムで上半身の筋力アップを図り、日本選手権50m、200m背泳ぎ2冠達成。
  • 相馬あい→自由形からバタフライへ転向して才能が開花した選手。2017年の夏から自己ベストを0秒46も縮める。
  • 長谷川涼香→高2時に五輪出場を果たした若きエースのひとり。
  • 森山幸美→競泳とOWSのデュアルスイマー。女子長距離種目の要。
  • 山根優衣→女子自由形100mを得意としている選手。技術力とパワフルなストロークに定評。
外国人選手
  • エミリー・シーボーム:オーストラリア→ベテラン。豪州女子背泳ぎのパイオニアでもある。
  • カイリー・マス:カナダ→男子顔負けの長い腕から繰り出されるパワフルなストロークに注目したい。
  • ケイティ・リデキー:アメリカ→400、800、1500自由形 女子自由形三冠 今年5月には1500m世界記録更新
  • ケイト・キャンベル:オーストラリア→豪州女子自由形短距離と言えば彼女。
  • ペニー・オレクシアク:カナダ→池江とライバルでありながら年齢も同じ。2016年リオ五輪100m自由形の金メダリスト。
  • リリー・キング:アメリカ→平泳ぎ女子50m、100mの世界記録保持者。ピッチの速さは随一。
  • エマ・マキーオン:身長181cmの長身。2017年世界水泳銀メダル4個、銅メダル2個獲得。
  • シドニーピックレム:17年世界水泳400m個人メドレー。大橋悠衣のライバル

パンパシ2018の見どころ

上記に挙げた注目選手のレースは勿論ですが開催二年後に迫った2020年東京オリンピックで活躍しそうな注目株なスイマーは誰なのか?

今後に期待の選手を発見するという視点から観ても面白いかもしれません。

オリンピックや世界水泳とはまた違った面白さのあるパンパシフィック選手権

決勝に進めるのは各国二名のみ。

決勝は勿論ですがそこにたどり着くまで、国内スイマーたちの熾烈な争いが一番の見どころだと思います。

パンパック2018についてより深く、詳細に知りたい方はスイミングマガジン8月号にて

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆スイミング・マガジン / 2018年8月号
価格:889円(税込、送料別) (2018/7/24時点)

 

第13回パンパシフィック選手権・2018結果(リザルト)

以下は決勝戦の結果になります。

8月9日(1日目)・決勝戦の結果・リザルト

女子100m平泳ぎの結果・リザルト

※スマホの方はスクロールしてご閲覧下さい。

順位 名前 タイム
金メダル アメリカ リリー・キング 1分5秒44
銀メダル オーストラリア ジェシカ・ハンセン 1分6秒20
銅メダル 日本 青木玲緒樹 1分6秒34
4位 日本 鈴木聡美 1分6秒51
5位 アメリカ ミカ・サムラル 1分6秒56
6位 アルゼンチン ジュリア・セバスチャン 1分7秒69
7位 カナダ ケルシー・ウォグ 1分7秒91
8位 アルゼンチン マカレナ・セバージョス 1分8秒38

男子100m平泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 小関也朱篤 59秒08
銀メダル オーストラリア ジェイク・バッカード 59秒20
銅メダル ブラジル ホアオ・ゴメス・ジュニオール 59秒60
4位 アメリカ アンドリュー・ウィルソン 59秒70
5位 中国 王・立卓(オウ・リツタク) 59秒76
6位 オーストラリア マシュー・ウィルソン 59秒83
7位 アメリカ マイケル・アンドリュー 1分0秒04
8位 カナダ リチャード・ファンク 1分0秒62

女子200m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル カナダ デイラー・ラック 1分54秒44(大会新記録)
銀メダル 日本 池江璃花子 1分54秒85(日本新記録)
銅メダル アメリカ ケイティ・レデッキー 1分55秒15
4位 アメリカ アリソン・シュミット 1分56秒71
5位 カナダ カイラ・サンチェス 1分57秒23
6位 オーストラリア ミカイラ・シェリダン 1分57秒48
7位 日本 五十嵐千尋 1分57秒83
8位 オーストラリア ブリアナ・スロッセル 1分59秒26

男子200m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ フランシス・ハース 1分45秒56
銀メダル アメリカ アンドリュー・セリスカー 1分45秒74
銅メダル 日本 松元克央 1分45秒92
4位 ブラジル フェルナンド・シェフェル 1分46秒12
5位 オーストラリア アレクサンダー・グラハム 1分46秒50
6位 日本 江原騎士 1分46秒90
7位 オーストラリア グライド・ルイス 1分46秒94
8位 ブラジル ルイスアルタミル・ロペスメロ 1分47秒43

女子400m個人メドレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 大橋悠依 4分33秒77
銀メダル アメリカ メラニー・マルガリス 4分35秒60
銅メダル 日本 清水咲子 4分36秒27
4位 アメリカ ブルーク・フォーディー 4分39秒22
5位 カナダ エミリー・オーバーホルト 4分39秒48
6位 カナダ エリカ・セルテンレイク・ホグソン 4分40秒22
7位 中国 ヨウ・キケン 4分52秒40
8位 フィリピン クロエ・イスレタ 4分58秒81

男子400m個人メドレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ チェイス・カリシュ 4分7秒95
銀メダル 日本 瀬戸大也 4分11秒13
銅メダル 日本 萩野公介 4分12秒60
4位 アメリカ ジェイ・リザーランド 4分12秒87
5位 ニュージーランド ルイス・クレアバート 4分14秒27
6位 ブラジル ブランドン・アウメイダ 4分14秒53
7位 ブラジル レオナルド・サントス 4分18秒90
8位 カナダ トリスタン・コット 4分21秒72

男女混合400mメドレーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア 3分38秒91
銀メダル 日本 入江・小関・池江・青木智 3分40秒98(日本新記録)
銅メダル アメリカ 3分41秒74
4位 カナダ 3分46秒75
5位 フィリピン 4分4秒20

8月10日(2日目)・決勝戦の結果・リザルト

女子100m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア ケイト・キャンベル 52秒03
銀メダル アメリカ シモーン・マニュエル 52秒66
銅メダル カナダ テイラー・ラック 52秒72
4位 アメリカ マロリー・コマフォード 52秒94
5位 日本 池江璃花子 53秒14
6位 カナダ カイラ・サンチェス 53秒68
7位 オーストラリア シャナ・ジャック 53秒74
8位 ブラジル ラリッサ・オリベイラ 54秒78

男子100m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア カイル・チャルマース 48秒00
銀メダル オーストラリア ジャック・カートライト 48秒22
銀メダル アメリカ ケレブ・ドレセル 48秒22
4位 ブラジル マルセロ・チェリギーニ 48秒36
5位 アメリカ ザック・アップル 48秒47
6位 日本 中村克 48秒49
7位 ブラジル ペドロエンリケ・スパジャリ 48秒51
8位 日本 塩浦慎理 48秒68

女子200mバタフライの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ハリ・フリッキンガー 2分7秒35
銀メダル 日本 持田早智 2分7秒66
銅メダル アメリカ キャサリン・ドラボット 2分8秒40
4位 日本 長谷川涼香 2分8秒70
5位 オーストラリア ローラ・テイラー 2分9秒23
6位 カナダ マベル・ザバロス 2分9秒95
7位 カナダ ダニエレ・ハヌス 2分11秒34
8位 フィリピン ロサリーミラ・サンタアナ 2分22秒69

男子200mバタフライの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 瀬戸大也 1分54秒34
銀メダル ブラジル レオナルド・デデウス 1分54秒89
銅メダル アメリカ ザック・ハーティング 1分55秒05
4位 オーストラリア デビット・モーガン 1分55秒82
5位 カナダ マッケンジー・ダラー 1分56秒27
6位 日本 矢島優也 1分56秒33
7位 アメリカ ジョン・コンガー 1分56秒83
8位 ニュージーランド ルイス・クレアバート 1分57秒37

女子100m背泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル カナダ カイリー・マス 58秒61
銀メダル オーストラリア エミリー・シーボーム 58秒72
銅メダル アメリカ キャスリーン・ベイカー 58秒83
4位 アメリカ レーガン・スミス 58秒95
5位 オーストラリア ケイリー・マッキーオン 59秒25
6位 日本 酒井夏海 59秒33
7位 カナダ ケネディ・ゴス 1分0秒90
8位 日本 小西杏奈 失格

男子100m背泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ライアン・マーフィー 51秒94(大会新記録)
銀メダル 日本 入江陵介 52秒78
銅メダル オーストラリア ミッチェル・ラーキン 52秒88
4位 アメリカ マット・グレーバーズ 52秒99
5位 カナダ ハビエル・アセベド 53秒90
6位 カナダ マルクス・トーマイヤー 54秒02
7位 日本 金子雅紀 54秒33
8位 オーストラリア ブラッドリー・ウッドワード 54秒34

女子4×200m(800m)フリーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア 7分44秒12(大会新記録)
銀メダル アメリカ 7分44秒37
銅メダル カナダ 7分47秒28
4位 日本 五十嵐・池江・白井・大橋 7分48秒96(日本新記録)

男子4×200m(800m)フリーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ セリスカー・ピエロニ・アップル・ハース 7分4秒36
銀メダル オーストラリア ルイス・チャルマース・グラハム・カートライト 7分4秒70
銅メダル 日本 江原・坂田・小堀・松元 7分8秒07
4位 ブラジル ロペスメロ・シェフェル・デ デウス・コスタ 7分11秒65
5位 カナダ プラット・ガジエフ・トーマイヤー・アセベド 7分18秒25

8月11日(3日目)・決勝戦の結果・リザルト

女子400m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ケイティ・レデッキー 3分58秒50
銀メダル オーストラリア アリアン・ティットマス 3分59秒66
銅メダル アメリカ リア・スミス 4分4秒23
4位 オーストラリア マドレーヌ・コフ 4分8秒42
5位 カナダ エミリー・オーバーホルト 4分8秒81
6位 日本 小堀倭加 4分9秒04
7位 日本 五十嵐千尋 4分11秒96
8位 カナダ ケネディ・ゴス 4分13秒25

男子400m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア ジャック・マクラフリン 3分44秒20
銀メダル オーストラリア マック・ホートン 3分44秒31
銅メダル アメリカ ゼーン・グロース 3分45秒37
4位 アメリカ グラント・シュルツ 3分48秒27
5位 日本 江原騎士 3分48秒80
6位 ブラジル フェルナンド・シェフェル 3分50秒55
7位 クック諸島 べスリー・ロバーツ 3分54秒73
8位 日本 竹田渉瑚 3分55秒30

女子100mバタフライの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 池江璃花子 56秒08(日本新記録)
銀メダル アメリカ ケルシー・デーリア 56秒44
銅メダル オーストラリア エマ・マキーオン 56秒54
4位 カナダ レベッカ・スミス 58秒19
5位 アメリカ マロリー・コマフォード 58秒25
6位 オーストラリア ブリアナ・スロッセル 58秒80
7位 日本 相馬あい 58秒87
8位 カナダ ダニエレ・ハヌス 59秒19

男子100mバタフライの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ケレブ・ドレセル 50秒75(大会新記録)
銀メダル アメリカ ジョン・コンガー 51秒32
銅メダル ブラジル ビニシウス・ランサ 51秒44
4位 オーストラリア グランド・アービン 51秒65
5位 オーストラリア デビッド・モーガン 51秒80
6位 日本 小堀勇氣 51秒82
7位 ブラジル イアゴ・ムサレムドアマラル 52秒17
8位 日本 矢島優也 52秒70

女子200m個人メドレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 大橋悠依 2分8秒16(大会新記録)
銀メダル カナダ シドニー・ピックレム 2分9秒07
銅メダル 日本 寺村美穂 2分9秒86
4位 アメリカ エラ・イースティン 2分9秒90
5位 アメリカ メラニー・マルガリス 2分10秒67
6位 カナダ ケルシー・ウォグ 2分12秒08
7位 ペルー マケナビクトリア・デビバエリオット 2分18秒38
8位 フィリピン クロエ・イスレタ 2分18秒63

男子200m個人メドレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ チェース・カリシュ 1分55秒40
銀メダル オーストラリア ミッチェル・ラーキン 1分56秒21
銅メダル 日本 萩野公介 1分56秒66
4位 日本 瀬戸大也 1分57秒36
5位 アメリカ エイブラハム・ディバイン 1分57秒81
6位 オーストラリア クライド・ルイス 1分58秒17
7位 ブラジル レオナルド・サントス 1分58秒83
8位 ニュージーランド ルイス・クレアバート 1分59秒31

女子4×100(400m)フリーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア シーボーム・ジャック・マキーオン・キャンベル 3分31秒58
銀メダル アメリカ コマフォード・ギア・デーリア・マニュエル 3分33秒45
銅メダル カナダ ラック・サンチェス・R,スミス・ゼブニク 3分34秒07
4位 日本 池江璃花子・山本茉由佳・青木智美・五十嵐千尋 3分36秒93
5位 フィリピン サンタアナ・レナー・イスレタ・オリヴァ 3分54秒80

男子4×100(400m)フリーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル ブラジル G,サントス・チェリギーニ・フェレイラ・スパジャリ 3分12秒02
銀メダル オーストラリア カートライト・グラハム・J,ロバーツ・チャルマース 3分12秒53
銅メダル 日本 中村克・塩浦慎理・松元克央・溝畑樹蘭 3分12秒54(日本新記録)
4位 カナダ トーマイヤー・キシル・アセベド・ガジエフ 3分14秒50
5位 フィリピン バレト・チャン・エン・ハッチ 3分37秒01
失格 アメリカ ドレセル・ピエロ二・アップル・エイドリアン 3分11秒67(大会新記録)

8月12日(4日目)・決勝戦の結果・リザルト

女子200m背泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ キャスリーン・ベイカー 2分6秒14
銀メダル カナダ テイラー・ラック 2分6秒41
銅メダル アメリカ レーガン・スミス 2分6秒46
4位 カナダ カイリー・マス 2分7秒00
5位 オーストラリア ケイリー・マッキーオン 2分7秒01
6位 オーストラリア エミリー・シーボーム 2分7秒12
7位 日本 酒井夏海 2分8秒18
8位 ニュージーランド アレックス・ガリヤー 2分10秒26

男子200m背泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ライアン・マーフィー 1分53秒57(大会新記録)
銀メダル 日本 入江陵介 1分55秒12
銅メダル アメリカ オースティン・カッツ 1分56秒00
4位 オーストラリア ミッチェル・ラーキン 1分56秒02
5位 日本 砂間敬太 1分57秒03
6位 オーストラリア ブラッドリー・ウッドワード 1分58秒00
7位 カナダ ハビエル・アセベド 1分58秒36
8位 ブラジル レオナルド・デ デウス 2分01秒56

女子50m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ケイト・キャンベル 23秒81(大会新記録)
銀メダル オーストラリア シモーン・マニュエル 24秒22
銅メダル オーストラリア エマ・マキーオン 24秒34
4位 カナダ デイラー・ラック 24秒47
5位 アメリカ アビー・バイツエル 24秒58
6位 日本 池江璃花子 24秒60
7位 カナダ カイラ・サンチェス 24秒94
8位 ブラジル ラリッサ・オリベイラ 25秒03

女子1500m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ケイティ・レデッキー 15分38秒97
銀メダル オーストラリア キア・メルバートン 16分0秒08
銅メダル アメリカ リア・スミス 16分0秒82
4位 オーストラリア カリーナ・リー 16分3秒26
5位 日本 小堀倭加 16分14秒22
6位 中国 張 可 16分18秒55
7位 日本 森山幸美 16分20秒46
8位 カナダ ケイト・サンダーソン 16分33秒16

男子800m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ ゼーン・グロース 7分43秒74
銀メダル アメリカ ジョーダン・ウィリモブスキー 7分45秒19
銅メダル オーストラリア ジャック・マクラフリン 7分47秒31
4位 ブラジル ギレルミ・コスタ 7分51秒67
5位 オーストラリア マック・ホートン 7分53秒42
6位 日本 江原騎士 7分55秒02
7位 日本 竹田渉瑚 7分56秒01
8位 カナダ アレクサンダー・プラット 8分3秒12

男子50m自由形の結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ マイケル・アンドリュー 21秒46
銀メダル アメリカ ケレブ・ドレセル 21秒93
銅メダル カナダ ユーリ・キシル 22秒02
4位 日本 中村克 22秒24
5位 日本 塩浦慎理 22秒27
6位 ブラジル ペドロエンリケ・スパジャリ 22秒30
7位 ニュージーランド ダニエル・ハンター 22秒39
8位 ブラジル マルセロ・チェリギーニ 22秒50

女子200m平泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ マイカ・オーレンス・サムラル 2分21秒88
銀メダル アメリカ リリー・キング 2分22秒12
銅メダル 日本 鈴木聡美 2分22秒22
4位 日本 青木玲緒樹 2分24秒46
5位 カナダ シドニー・ピックレム 2分24秒73
5位 カナダ ケルシー・ウォグ 2分24秒73
7位 アルゼンチン ジュリア・セバスチャン 2分25秒55
8位 アルゼンチン マカレナ・セバージュス 2分29秒51

男子200m平泳ぎの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル 日本 渡辺一平 2分7秒75(大会新記録)
銀メダル オーストラリア イザーク・スタブレティクック 2分7秒89
銅メダル オーストラリア マシュー・ウィルソン 2分8秒22
4位 日本 小関也朱篤 2分8秒25
5位 アメリカ ジョショ・プレノット 2分8秒44
6位 中国 王 立卓(オウ・リツタク) 2分11秒49
7位 中国 リュウ・インショウ 2分12秒27
8位 カナダ エリジャ・ウォール 2分13秒56

女子4×100(400m)メドレーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル オーストラリア シーボーム・ハンセン・マキーオン・キャンベル 3分52秒74(大会新記録)
銀メダル アメリカ ベイカー・キング・デーリア・マニュエル 3分53秒21
銅メダル 日本 酒井・青木玲・池江・青木智 3分55秒03(日本新記録)
4位 カナダ マス・ウォグ・R,スミス・ラック 3分55秒14
5位 フィリピン イスレタ・レナー・サンタアナ・オリヴァ 4分22秒18

男子4×100(400m)メドレーリレーの結果・リザルト

着順 名前 タイム
金メダル アメリカ マーフィー・ウィルソン・ドレセル・エイドリアン 3分30秒20
銀メダル 日本 入江・小関・小堀・中村 3分30秒25
銅メダル オーストラリア ラーキン・バッカード・アービン・チャルマース 3分30秒52
4位 カナダ アセベド・ファンク・ビンネマ・キシル 3分32秒16
5位 ブラジル ファントーニ・ゴメス ジュニオール・ランサ・スパジャリ 3分34秒20
6位 フィリピン チャン・エン・ハッチ・バレト 3分58秒76

以上です。

国別順位

国別総合ポイントに応じて順位が決まるパンパシフィックですが国別の順位は以下となりました。

国別ポイント順位

1位:アメリカ

2位:日本

3位:オーストラリア

4位:カナダ

以上です。

水泳選手の着用している競泳水着 パンパシフィック水泳大会で着用!一流スイマーの競泳水着がコレだ!

8月14日(最終日)の結果・リザルト

パンパシフィック最終日はOWS(オープンウォータースイミング)が行われました。

10km

男子

  • 野中大暉:2時間0分16秒9(9位)
  • 豊田壮:10位
  • 優勝者:ジョーダン・ウィリモブスキー:1時間58分50秒5

女子

  • 森山幸美:2時間8分33秒5(5位)
  • 貴田裕美:6位
  • 優勝者:ヘーリー・アンダーソン:2時間8分24秒8

以上です。

コメントを残す