水泳でどれぐらいのカロリーを消費できるのか?そもそもダイエットできるのか?

水泳の消費カロリーはいくつ?

水泳は消費カロリーの激しいスポーツとして知られていますがどのぐらいのカロリーが消費できるのでしょうか?

まずは他の運動とも比較してみて下さい。

水泳の消費カロリーとダイエット効果など

以下の表は1時間続けて運動を行った場合の消費カロリー数です。

体重別・運動の消費カロリー数一覧表

※スマホの方はスクロールしてご閲覧下さい。

運動の名称↓・体重→ 40kg 50kg 60kg 70kg 80kg 90kg
ウォーキング 180 226 271 316 361 406
ジョギング 294 368 441 515 588 662
自転車 244 305 365 426 487 548
エアロビクス 306 383 460 537 613 690
卓球 168 210 252 294 336 378
テニス 306 383 239 537 613 690
バレーボール 168 210 252 294 336 378
ゴルフ 202 252 302 353 403 454
ボウリング 160 200 239 280 319 359
登山 273 341 410 478 546 614
水泳(クロール) 420 525 630 700 840 945
水泳(平泳ぎ) 433 540 649 757 865 973
水泳(背泳ぎ) 399 498 599 698 798 898
水泳(バタフライ) 580 725 870 1014 1159 1304

いかがでしょうか?

水泳の消費カロリーがずば抜けて高い事がお分かり頂けたと思います。

しかし、上記の表に書いてある水泳の消費カロリーは比較的速めに又は高い強度で1時間泳ぎ続けた場合です。

普通の体力の人は1時間も速いスピードで泳ぎ続ける事はムリですよね。

また、背泳ぎとバタフライを1時間続けるのもちょっと現実的ではありません。それに、泳げる人も限られてくるので以下の表では省く事にします。

ジムのプールで普通に泳いだ場合の消費カロリー一覧

運動の名称↓・体重→ 40kg 50kg 60kg 70kg 80kg 90kg
ゆっくりとしたクロール 244 305 365 426 487 548
普通の速さのクロール 349 438 523 610 697 784
ムリの無いペースで平泳ぎ 223 278 334 390 445 501

いかがでしょうか?

ジムのプールなどで泳いでいる人たちはゆっくり~普通の速さで泳いでいる事が多いです。

なので実際のカロリー計算を行う際はこちらの表に当てはめる方が現実的だと思います。

水泳ダイエット実行中だけどなかなか痩せない・・・という方へ

水泳の消費カロリーが高いのは分かってる。

だからダイエットに取り入れてみた。

でも思うように痩せない。

これって一体なぜ?

考えられる原因

運動後に沢山食べてしまっているケース・・・

水泳は消費カロリーの激しいスポーツだからと言っていつも以上に沢山食べてしまっていませんか?

水泳ダイエットで痩せられない人ってこのパターンに陥っちゃっている人が結構多いんですよ。

確かに水泳は消費カロリーが激しいしお腹も空きますがだからと言っていつも以上に食べてしまってはダイエットできるものもできなくなてしまいます。

ダイエットの基本は消費カロリーが摂取カロリーを上回る事。

これを忘れては元も子も無いわけです。

休み休み行っているケース・・・

消費カロリー表に書いてあるカロリー消費量は続けて行った場合を想定してますので休み休み泳いだ分は換算してはいけません。

水泳1時間の消費カロリーは上記の表の通りですが20分休憩を挟んでしまうと実質40分間の水泳になってしまいます。

目標の消費カロリー分の運動ができるようにしっかりと計算して泳ぎましょう。

消費カロリーの認識を間違って覚えているケース・・・

どこで見聞きした情報か知りませんが水泳は1時間で1500キロカロリー消費するんですよ!っていうちょっとあり得ない数値を水泳で消費できると思い込んでいる人がいらっしゃいます。

まあ確かに体重が相当重い方、または相当な高強度で行った場合であれば1時間の水泳で1500kcalを消費する事も可能でしょうがふつうの体重程度の方がふつうに1時間泳いだだけでは精々300~700キロカロリーぐらいの消費量でしょう。

※細かい数値は上記の一覧表を参考にして下さい。

このように間違った認識をしていると食事量も増えてきます。

本人はしっかりとダイエットを行っているつもりがプラマイゼロもしくは増量になっているという何とも残念な結果に繋がりかねませんので正しく認識しておきたいものですね。

水泳って、ダイエットに向いているの?

巷では水泳では痩せられないという情報が飛び交っていますがそれは嘘です。

真実を知れば水泳ほどダイエットに有効な運動は他に無い事が分かります。

世にはびこっている水泳ダイエット神話

神話その1

水泳は身体が冷えるので冷やさない為に脂肪を蓄える身体になってしまう?

これは半分正解で半分ガセです。

そもそも、運動をしている際には身体は温まっています。

いくら水中とは言え水温は28℃程度なので実際は夏場に運動しているようなものです。

身体が濡れた状態で泳がずにプールサイドに横たわっていた場合、身体は冷えるでしょうが泳げば全く心配ありません。

神話その2

水泳は水を吸収するからダイエットに向いていない?

これは完全にガセです。

そもそも水に浸っているときに身体が水を吸収してしまったら喉が渇きません。

プール後はとても喉が渇きます。この時点でプールは水を吸収するというのがガセ情報だと分かりますし医学的にもそのようなデータは無く、ありえません。

もし、水泳をやって水を吸収して太ったという人が居るのであれば考えられるのは以下のケースです。

水泳前に計った体重70kgだったが水泳後に水着を脱がずに体重を計って71kgだった。これで太ったと勘違いしているケース。

水着は確かに水を吸収する素材を使用している物があるので脱がずに計ったらそりゃ水の重りで体重が増えてるでしょって話し。

水着が水を吸収するのは仕方が無い事ですが身体が水を吸収して太るなんていう事は絶対にありえません。

結論

水泳はダイエットに向いている運動である。

水泳はダイエットに向いているのか?

水泳って痩せられるのか良く分からないと思っていて今まで渋っていた方は安心して水泳ダイエットに励んでくださいね。

コメントを残す