平泳ぎの日本記録のタイムは何秒か?(50m・100・200m)男女別の公式記録

競泳・平泳ぎの日本記録の一覧

世界的に見てパワーや体格に劣る日本人でも世界の頂に立てる可能性が4泳法中一番高いと言われている種目が平泳ぎです。

永速は4泳法中一番遅いが技術力を必要とする種目。

今回はそんな平泳ぎの日本記録タイムを距離別に男子、女子共に公開します。

長水路の日本記録

まずは最短距離種目の50mからです。

50m平泳ぎのタイム

※スマホでの閲覧は横にスワイプしてご覧下さい。

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 小関也朱篤 日本 26秒94 欧州グランプリ 2018年6月17日 モナコ
女子 鈴木聡美 ミキハウス 30秒64 日本選手権 2018年4月3日 辰巳

コメント:男子では小関也朱篤選手がトップ。女子では鈴木聡美選手がトップ。

100m平泳ぎのタイム

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 小関也朱篤 日本 58秒78 欧州グランプリ 2018年6月17日 モナコ
女子 渡部香生子 JSS立石 1分5秒88 ジャパンオープン 2014年6月19日 辰巳

コメント:男子のトップは短距離平泳ぎで無双中の小関也朱篤選手、100mでも強いです。女子では渡部香生子選手がトップです。未だ破られる事無く、聳え立っている記録です。

200m平泳ぎのタイム

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 渡辺一平 早稲田大学 2分6秒67 第10回東京都選手権水泳競技大会 2017年1月29日 辰巳
女子 金藤理絵 Jaked 2分19秒65 日本選手権水泳競技大会 2016年4月9日 辰巳

コメント:男子では渡辺一平選手がトップでこの記録は世界記録でもあります。女子では金藤理絵選手がトップでこの記録はアジア記録でもあります。

お次は短水路記録です。

短水路の日本記録

50m(短水路)平泳ぎのタイム

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 小関也朱篤 日本 26秒02 世界短水路選手権 2018年10月28日 東京辰巳
女子 寺村美穂 日本 30秒14 世界短水路選手権 2018年12月11日 杭州

コメント:短水路の50m平泳ぎでも小関也朱篤選手の記録が1位です。女子では寺村美穂選手がトップです。

100m(短水路)平泳ぎのタイム

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 小関也朱篤 日本 56秒13 世界短水路選手権 2018年12月12日 杭州
女子 寺村美穂 セントラルスポーツ 1分4秒05 ワールドカップ東京大会 2016年10月25日 辰巳

コメント:もう、平泳ぎの短距離種目は小関也朱篤選手の独壇場と言えますね。女子では短水路50mでトップだった寺村選手が一位です。

200m(短水路)平泳ぎのタイム

性別 名前 所属 記録タイム 大会名 日付 場所
男子 瀬戸大也 日本 2分1秒30 ワールドカップ 2017年11月19日 シンガポール
女子 金藤理絵 日本 2分15秒76 ワールドカップ 2016年10月9日 ドーハ

コメント:個人メドレーを得意とする瀬戸大也選手ですが実は短水路200m平泳ぎの日本記録保持者でもあります。女子では金藤理絵選手がトップ。金藤選手は長水路の200mでもトップでしたね。

まとめ

今回は平泳ぎでの最短距離種目である平泳ぎの日本記録を公開致しましたが如何でしたでしょうか?

小関也朱篤選手の名前が多く、独壇場と言った感じではないでしょうか?

また、平泳ぎを専門種目としている訳では無い瀬戸大也選手の名前も存在しているのが凄いと感じますね。

そして、目まぐるしくトップが変化する種目の中、2014年に打ち立てられた渡部香生子選手の記録が残り続けている事も凄いですよね。

コメントを残す