クロールの消費カロリー量の一覧表|1時間あたり&1000mあたり

クロールの消費カロリー量はどのぐらい?

水泳のクロールという泳法では、どのぐらい泳げばどのぐらいのカロリーを消費できるのでしょうか?

これはゆっくり泳ぐのか、速く泳ぐのか、普通の速さで泳ぐのかといったように強度も関係してきます。

どのぐらい?時間と距離を体重別に見ていきましょう。

クロールで一時間泳いだ場合の消費カロリー量の表

ジムなどで水泳ダイエットを行う方は一時間のスイミングあたりの消費カロリー量が気になる事だと思います。

なので体重別の一覧表を以下に掲載いたします。

※スマホの方はスワイプして閲覧して下さい。

強度\体重 40kg 50kg 60kg 70kg 80kg 90kg 100kg
ゆっくりとしたクロール 244~304 305~364 365~425 426~486 487~547 548~608 609
普通の速さのクロール 349~435 436~522 523~609 610~696 697~783 784~871 872
速めのクロール 412~514 515~616 617~719 720~822 823~925 926~1028 1029

お次は1km泳いだ場合の消費カロリー量になります。

クロールで1キロ(1000m)泳いだ場合の消費カロリー量の表

1時間泳ぐと決める以外にも、1キロ泳ごうと言ったように、どのぐらい泳ぐのかを距離で決める方も居ますね。

以下の表はクロールで1キロ泳いだ場合に消費するカロリー量を掲載いたします。

強度\体重 40kg 50kg 60kg 70kg 80kg 90kg 100kg
ゆっくりとしたクロール 146~200 201~240 240~280 281~320 321~361 362~401 401
普通の速さのクロール 115~143 144~172 173~201 201~230 230~258 259~287 288
速めのクロール 91~114 114~137 137~159 159~182 182~205 205~228 228

1000mを泳ぐ場合は速く泳ぐよりもゆっくりと泳いだ方が消費カロリー量は多くなります。

その理由は単純にゆっくり泳いだ方が長い時間泳いでいる事になるからです。

速めのクロールの方が疲れそうだし、運動消費量も激しいのでその分消費するカロリー量お多いのでは?と、思われるかもしれませんが長い時間泳いだ方がダイエットには効果的なのです。

これはランニングにも言える事です。1000mを可能な限り速く走るよりも長い時間かけてゆっくりと1000mを走り切った方が消費するカロリーが多いのと同じです。

まとめ

水泳ダイエットの際は何時間泳いだか?または、何キロ泳いだか?のどちらかを基準にしてカロリーの計算を行うと思いますが正確に消費カロリー量を計算して求めるのは以外と面倒な作業なので上記の一覧表がお役に立てれば幸いです。

コメントを残す