SNSとの連携を開始致しました。2019/11/01

水泳初心者におすすめの本・書籍をご紹介

水泳初心者におすすめの書籍や本を紹介

水泳初心者の方、入門者の方が正しいフォームを覚えてしっかりと泳げるようになる為にお勧めの本や書籍をご紹介致します。

どうも!水島です。私は水泳を本格的に始める前は25mがギリギリ泳げる程度の泳力しかありませんでした。それも、フォームがめちゃくちゃで25m泳ぎ切る前に息切れしていたぐらいフォームに無駄が多かったんです。

これでは水泳を楽しめるどころかすぐに疲れるだけのスポーツだという烙印を押してしまいますが本がそう思うのを阻止してくれました。

私は本や書籍で勉強してプールでその内容を実践して泳げるようになった独学マスター組です。

今では5km以上難なく泳げますし、25m13秒程度で泳ぐ事も出来ます。

そんな私がこれまで読んだ水泳の本・書籍の中からオススメのものを短いレビュー形式にてご紹介致します。

水泳初心者にお勧め!書籍・本

※本の表紙をクリックすると別ウィンドウで商品ページに飛びます。

DVD上達レッスン「水泳」楽に、長く、速く泳ぐ


私が初めて購入したDVD付きの水泳本です。そして、実は一番オススメの本でもあります。

DVDのクオリティが非常に高く、解説が非常に分かりやすいです。

今はそんなに泳げなくても4泳法しっかりとマスターしたい方はこれ1冊で十分です。

パドルやプルブイ、フィンなどの水泳用具を活用したトレーニング法も載っています。

ちょっとは泳げるけれどフォームに自信が無いという方におすすめです。

できる!スポーツテクニック8・水泳


こちらはDVDは付いていません。

4泳法の上達法は勿論、飛び込みスタートやクイックターンの事も分かりやすく記載してあります。

※ページはカラーでは無く、白黒です。

DVDが付いていないので家では無く出先で読みたい方におすすめです。

基礎からマスター水泳DVD付き


こちらは私が2番目におすすめしている本です。

DVDが付いているという事は勿論、全く泳げない方でも入門的な知識が載っているので水泳初心者(ちょっとだけ泳げる人)、水泳入門者(これからスイミングを学ぼうとしている人)にもおすすめの本ですね。

スタートとターンの事についての解説もあるのが有難いです。この本一冊で水泳入門者から一気に水泳上級者になる事が可能です。

DVD完全レッスン水泳4泳法


こちらもDVDが付いていますがDVDよりは書籍の図解ページが分かりやすい本でした。

4泳法の基本は勿論、上級テクニックも記載してあります。

スタートやターンについては載っていません。

背泳ぎ、バタフライの解説が他の本よりも詳しく載っているのでそれらの泳法をマスターする書籍としては一押しです。

大人の水泳・知っておきたい上達&改善のコツ50


こちらはDVDは付いておらずテキストのみです。

大人が趣味で水泳を始めるマスターズ水泳のテンションで書かれた書籍ですが内容も水泳入門者に易しい基本的なものを書いてあります。陸トレの仕方やマスターズスイマー同士の対談などが載っていて、マスターズスイマーデビューしたい方にはとても参考になる本だと思います。

ただし、テキストを読むのが面倒な方はDVD付きの方が良いかもしれません。

水泳中級者におすすめ!本・書籍

私が読んできた本の中でこちらは競泳を本格的に始めたいという中級者向けの本だなと思ったので初心者向けではなく中級者向けとして紹介致します。

勿論初心者が読んでも全然大丈夫ですがどちらかと言うと既にある程度の泳力がある方(100m以上泳げる方)でこれから競泳を始めよう思っている方に読んでほしい本です。

DVDで記録を伸ばす!競泳・最強のコツ50

マスターズ日本記録保持者のマスターズスイマー・原英晃さん監修の競泳マスター本です。

DVD付きで4泳法の上達法、陸トレ、ストレッチ、飛び込みスタートやクイックターンなど競泳に必要な事はほぼ網羅されています。これからマスターズスイマーを目指す方にとってオススメの本です。

まとめ

水泳初心者向けの書籍をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

上記の本が私が独学の際に読んだ本の全てですが何も全て買う必要は全く無く、1冊~2冊で大丈夫です。

むしろそれ以上買ってしまうとあれもこれもという風になってしまってかえって弊害になります。

とりあえず泳げるようになりたい方、正しいフォームで泳げるようになりたい方、4泳法をマスターしたい方、競泳を始めてみたい方、それぞれの目的に合った書籍を選べば目的達成も最速で可能です。

私、水島は書籍のおかげで1、2ヶ月で水泳をマスターできました。本を読んで内容を頭にインプットしては近くの温水プールで頭に入れた内容を実践しそれを繰り返しながら試行錯誤してマスターしました。

コメントを残す