SNSとの連携を開始致しました。2019/11/01

ソイプロテインがダイエットに必須&おすすめな理由

ダイエット時はソイプロテインが良い理由

ダイエット中にソイプロテインが必須な理由とは!?

ソイプロテインがダイエット時のお供として非常に優れている理由です。

減量で筋肉が減り、基礎代謝ダウン!それを防ぐソイプロテイン

痩せる為にダイエットをするとき、脂肪を減らしますよね。

脂肪は減ったはいいが同時に筋肉をも減らしているという事になります。

筋肉が減少すると何故まずいのかというと、基礎代謝が減るからです。

基礎代謝が減ると消費されるカロリーの量も減ってしまう為、痩せにくくなってしまいます。

ダイエット中は糖質や脂質を控えめにし、基礎代謝を減らさない為に多めのタンパク質摂取が必要です。

では、どうすれば良いのかというと、ソイプロテインを摂取すれば良いのです。

減量=脂肪&筋肉の減少=基礎代謝量の減少で痩せにくい身体←これを解消する為にはタンパク質を摂る事が重要でダイエット時にはソイプロテインがとてもおすすめ。

タンパク質不足を解消するソイプロテイン

基礎代謝減を防ぐ為には筋肉量を落とさない事が大事ですがその為にはタンパク質の摂取が必要不可欠です。

美しくカッコ良く痩せる為には「脂肪は落として筋肉量はそのままに」が理想です。

これをクリアするには糖質や脂質は極力減らし、タンパク質からの栄養摂取ウェイトを増やすのが大事だという事です。

タンパク質の一日の摂取目安量は自体重の1倍です。つまり、体重60キロの方なら筋肉量を落とさない為に一日60グラムのタンパク質の摂取が必要なのです。

普通に一日60グラムのタンパク質を食事から摂取するようにすると、タンパク質だけでは無く、余分な糖質や脂質も摂取してしまう事になるので結構なカロリーを摂取してしまい、ダイエットどころではありません。

ですが1杯につき15グラムのタンパク質含有された低カロリーなソイプロテインを摂取すれば残りの45グラムを食事から摂取すれば良いという事になります。

1日2杯ソイプロテインを摂取するようにすれば30グラムを食事から摂取というように、タンパク質の摂取をしながらもカロリーの摂取を控えるという事が可能となるのです。

筋肉量を落とさない為には一日に自体重グラム分のタンパク質の摂取が必要→普段の食事から一日に必要なタンパク質を摂る→糖質や脂質なども摂ってしまう事になる→ダイエットできない。←この問題を低カロリーで高たんぱくなソイプロテインが解決!

腹持ちの良いソイプロテインはダイエッター向き!

プロテインにはソイプロテインの他にもホエイプロテインがありますがこちらは筋トレしている人向けです。

ソイプロテインはマラソンや水泳などの有酸素運動などでダイエットしている方向けです。

何故、ソイプロテインがダイエットしている方向けなのかというと、筋肉量を減らさずに減量ができるということ。

それってホエイプロテインでも事足りるのでは?という疑問が生まれますがソイプロテインの方が腹持ちが良く、ダイエット向きなのです。

ホエイプロテインは2時間、ソイプロテインは5~6時間と言われています。

腹持ちが良いという事は、置き換えダイエットも可能だという事ですし、お腹が減る時間を遅らせる事ができるので当然ながらダイエットに有利なのは言うまでもありません。

例えば昼食に腹持ち2時間のホエイプロテインでは間食の時間前にお腹がグーグー鳴ってしまいますが腹持ち5~6時間のソイプロテインが昼食なら夕食の時間帯まで何も食べずに居られるという訳です。

朝食あるいは昼食を普段の食事では無く、ソイプロテインに置き換えれば摂取カロリーがだいぶ減るので減量が楽になります。

ホエイプロテインは筋トレしている人向き、ソイプロテインはダイエットしている人向き→どちらもタンパク質なので筋肉の栄養になる→ソイプロテインは腹持ちが良い→置き換えダイエットにも向いているからソイプロテインはダイエッター向き。

大豆イソフラボンのお陰でカサカサ肌の心配はご無用!

また、ソイプロテインは大豆タンパク質なのでその中に含まれているイソフラボンが肌の調子を整えてくれます。

ダイエット中は消費カロリーが摂取カロリーよりも上回るようにしなければなりませんがこれは食事制限時に脂質を減らす事を意味します。

脂質は肌の潤いを保つのに必要ですが脂質の摂取を減らすと潤い不足になってお肌がカサカサになりがちですがイソフラボンを摂っていればお肌のトラブルを抑えてくれるのです。

また、髪のツヤも保ってくれるのでイソフラボンは女性に嬉しい栄養素です。

食事制限による脂質不足→肌と髪のカサカサ←ソイプロテインの大豆たんぱく質に含まれているイソフラボンが肌と髪のカサカサを保護!

ソイプロテインがダイエットに必須な理由まとめ

ダイエットによる減量=脂肪も減るが筋肉も減る。

筋肉が減る=基礎代謝が減って痩せにくい身体になる。

ソイプロテインを飲むことで筋肉を減らさずに(基礎代謝を減らさずに)痩せる事ができる上、カロリーオーバーをも防ぐ事が可能。

腹持ちはホエイプロテインが2時間なのに対してソイプロテインは5~6時間。つまり、ソイの方が満腹感が得られる上に置き換えダイエットも行いやすいのでホエイプロテインよりもソイプロテインの方がダイエットには向いている。

ソイプロテインは大豆たんぱく質の為、イソフラボンが含まれており、このイソフラボンはお肌や髪のトラブルを抑えてくれる。

究極のソイプロテイン【CRAS】が何故良いのか?

話題のソイプロテインCRASが究極である理由

美ボディのプロが開発

ソイプロテインのCRAS(クラース)はモデルマギーが1年間頭を悩ませ徹底的に考えて開発

味が美味しいと評判

クラースのフレーバーは2種類。

黒糖きなこ味、黒糖抹茶味がありますがコクがありラテのような美味しい味だと評判です。

プロテインだとは思えないほど美味しいと言う声も多数。

タンパク質含有率が高い

他社は含有率50%というソイプロテインもザラにある中、クラースは85%ものタンパク質を含有しています。

また、高品質なタンパク質かどうかを表すアミノ酸スコアは100と、最高級です。

高品質なソイプロテイン

高品質だと思うソイプロテイン1位に選ばれています。※QIQUMO調べ

リピーター率が高い

96,7%のリピーター率

メディアで話題

ViVi、Tarzan、yahooニュース、グノシー、antenna、Women’sHealth、からこと、bis、モデルプレス、オリコンニュース、アットコスメ、ライブドアニュース、ニコニコニュース、アメーバニュース、ミクシィ、ミュージックドットジェイピーユース、グリー、モバゲー、インフォシーク、ザ・テレビジョン、エンタメウォーク、グーニュース、MSN、ニフティーニュース、&エム、ビッグローブニュースなどに掲載されました。

天然由来成分の甘味料のみ使用

人工甘味料、合成着色料、人工香料、保存料、遺伝子組み換え大豆不使用です。

評価が高い

口コミで評価が高いと思うソイプロテイン1位です。※QIQUMO調べ

CRASの詳細を見てみる

コメントを残す